« 2010年11月 | トップページ | 2011年2月 »

2010年12月

危険度の高いドラッグはアルコール

最も危険なドラッグはアルコール|英国の研究から

アメリカの中間選挙の陰で、先週、報道されていた地味なニュースが気になっていました。
英国のナット教授がランセット誌に発表した新しい論文によると、アルコール・薬物の害を科学的に評価して格付けしたところ、ヘロインやコカインをしのいで、最も有害なドラッグはアルコールという結果が示されたということです。
週末に、ランセット誌の論文になんとか目を通すことができました。

〔PR〕GMO★
No合法ハーブNoLife合法ハーブで映画生活合法ハーブでマッタリ合法ハーブでダンシング合法ハーブとお酒

アルコール・薬物の害を科学的に比較する

危険なドラッグはアルコールアルコールやタバコを含む精神作用物質(ドラッグ)は、使用者本人と、社会に対して害をもたらすため、その薬物のもたらす害の大きさに応じて、規制策が講じられています。

薬物を規制する政策の策定、運用に当たっては、各物質のもたらす害を科学的に評価することが必要不可欠ですが、害の範囲が広範なため、客観的な評価は難しいといわれてきました。

ナット教授らのチームは、以前からこの問題に取り組んでおり、判断基準の項目や数値化する際のウエィト付けなどの改良を重ねてきたといいます。

このたび発表されたのは、代表的な20種のアルコール・薬物のもたらす害を16項目の判断基準によって評価し、数値化したものです。

使用者本人に及ぼす害
このシステムでは、薬物のもたらす多様な害を、[使用者本人に及ぼす害][社会に及ぼす害]の両面から評価しています。16項目の評価基準のうち9項目は、薬物が使用者本人にもたらす害を評価するもので、薬物特有の死亡率、薬物関連の死亡率、疾病によるダメージ、依存性の強さ、精神機能の損傷などです。
使用者本人のもたらす害が大きかった薬物は、ヘロイン、クラック・コカイン、メタンフェタミンなど。
社会に及ぼす害
評価基準のうち7項目は、薬物が社会にもたらす害に関するもので、犯罪、薬物の製造・使用による環境破壊、家族内の対立、治療や取締りなどの経済的負担などがあげられています。
社会にもたらす害のスコアが高いのはアルコール、ヘロイン、クラック・コカインでした。
総合的なスコアは
各薬物のもたらす総合的な害の大きさを数値化したものが、下のグラフです。
害のスコアが最も高かったのはアルコールで、総合スコアは72点。一般に害の大きい薬物といわれてきたヘロインは55点、メタンフェタミン(覚せい剤)は33点。

〔PR〕GMO
合法ハーブとアダルトグッズでキメセク合法ハーブでClub遊び合法ハーブでハイになる合法ハーブでキメセク

なぜアルコールが第1位なのでしょうか。この点について、BBCニュースのインタヴューで、ナット教授は「クラック・コカインは依存性がきわめて強いが、アルコールは広く使用されていることで、総合的に見て、最も危険度が高い。」といいます。[使用者本人に及ぼす害]と[社会に及ぼす害]を分離することが重要だということです。
教授は、国の薬物規制政策は、こうした科学的な評価に基づいて行われるべきだと語っています。

カフェイン入りアルコール飲料|アメリカで警戒情報

アメリカのワシントン州で、パーティ会場にいた女子大生9人が、急性中毒を起こして病院に搬送され、飲み物に薬物が混入されたのではないかと報じられていました。このたび、いま若者に人気のFour Lokoというカフェイン入りアルコール飲料が中毒症状の原因だったと発表され、あらためてこの種の飲料の安全性が話題になっています。

Four Lokoは、グレープやレモネード、クランベリーなどのフルーツ風味のアルコール飲料で、1缶2.50ドル(約200円)と手ごろな価格で、アメリカの若者に広まっています。ところが、このドリンクは「液体コカイン」などとも呼ばれる、カフェイン添加のアルコール飲料で、12%の強いアルコール(ビールは普通4~5%)とともに、かなりの量のカフェインを含んでいます。

Four Lokoなどのカフェインを添加したアルコール飲料が、急速に若者に広まるにつれて、その危険性を指摘する声も高まっています。高濃度のアルコールとカフェインの組み合わせが、特有の危険性につながるというのです。
専門家は、強いカフェインの作用が酔いの感覚を抑えるため、つい飲みすぎてしまい、カフェインの作用が薄れるとともに、急激に酔いがまわって、危険な状態になることがあると指摘しています。アルコールの抑制作用と、カフェインの興奮作用を同時に味わうというスリリングな気分がたまらないというファンもあるようです。

ケーキの作り方

本語で単にケーキというと、一般には、スポンジケーキにクリームを塗り果物を載せたものを指すが、
広義では、チーズケーキやホットケーキなどクリームも果物も載せないものや、クッキーを砕いた土台の上にクリームチーズの生地を敷き、
冷やして固めたレアチーズケーキなど、様々な種類を指すこともある。

多くのケーキは何らかの穀物の粉末(多くは小麦粉)、
結着剤(多くは鶏卵や小麦粉に含まれるグルテン)、油脂(植物油、バター、ラード、シュマルツなど)、
水分(水、牛乳、バターミルク、果物のピュレーなど)、膨張剤(酵母、重曹、ベーキングパウダーなど)を配合して作られる。


また、欧米では焼き菓子のことを広く「ケーキ類」を示す語で指す。

ケーキの材料

  • 砂糖
  • バター

ケーキの人気ベスト5

  1. チーズケーキ
  2. ショートケーキ
  3. モンブラン
  4. チョコケーキ
  5. 人気のケーキ
  6. テラミス

人気のケーキ クリスマスケーキのレシピはいろいろな種類がありますが、まずはケーキの基本とも言えるスポンジ生地の作り方をご紹介したいと。

今年はクリスマスケーキを手作りしてみたい、と考えている人もいると思います。そんな方にお役立ていただけるレシピとなって貰えたら嬉しく思います。

家で家族と過ごすにしても、友達や恋人と一緒に過ごすにしても、クリスマスの場面に外せないのがクリスマスケーキです。11月になると、それまでハロウィーン仕様の黒とオレンジ色でデコレーションされていたお店やレストランが、今度は赤と緑のクリスマスカラーに変わっていきます。

« 2010年11月 | トップページ | 2011年2月 »