借金

消費税はどうなる?

消費税は国税であり、消費税UPの是非が今また再加熱している。

国の借金がGDPの2倍以上に膨れ、増税は遅くも早くも行われるようだ。

消費が低迷すれば、その分の消費税は減る。景気が悪ければ、日本の財政が悪くなることはイコールなのである。

しかし、増税をしなければ国が倒れるのであればするしか他はない。

消費税が上がれば、大きな買い物をすればするほど消費税がかかるので、打撃は大きくなるだろう。

それによって消費の冷え込みがより不況を招くというのももっともである。

では、逆に消費税をUPさせたらどんなメリットが「国民にはあるのだろうか?

消費税とはなにか。

お金を借りる前に考えておきたい事

本日は金融の審査が通りやすい金額や借り入れ目的についてお話したいと思っています。審査が通りやすい金融、借り入れ目的と金額の写真

[PR]
ブラックだからと諦める前に!

どの金融会社が審査が通りやすいのか?借り入れ目的や金額をどう考慮するのか?

お金を借りるとき、人は驚くほど安易に考え、そして結果的に返済に苦しみ、滞り、債務整理と言う末路を向かえ、正規の金融からは一切融資が受けられなくなります。
今回「審査が通りやすい金額や借り入れ目的」を真剣に考えて当サイトへ起こし頂いた方は素晴らしいです。
(ダメ2な自分ですが、過去に戻れるなら自分も貴方と同じように、お金を借りる前に真剣に考え直したいです。色々…^^;)

上記の債務整理と言う末路を避ける為にも、今回のように、如何にして「審査が通りやすいと思われる金額や借り入れ目的」を考えると言うのはとても良い得策かと判断できます。

融資を一度でも受けると人の感覚は「無くなればまた借りれば良い」と安易に考えるようになります。
積もり積もった金利はもはや蚊帳の外です。
グレーゾーンが排除された今、昔と比べると金利は非常に下がっています。
それでも返済は苦しくなるものなのです。
麻痺した脳ではこれらを深刻とは捕らえられず、どうにかなるだろう、と驚くほど安易な考え、
ようは「現実逃避」が起こります。

これから「審査が通りやすい金額、借り入れ目的」をまじめに受け取り、そして金融を探す慎重且つ行く先を見据えた初心の心は絶対に忘れてはいけません。

さて、下記からは先に述べた
「どの金融会社が審査が通りやすいのか?借り入れ目的や金額をどう考慮するのか?」について考えていきたいと思います。

この問題点を2つに分けてピックアップしていきたいと思います。

どの金融会社が審査が通りやすいのか?

先ずは審査が通りやすい金融をどうやって判断するのか?と言う事に重点を置いてお話していきたいと思います。

もしもあなたが一切借り入れをしていない、借入履歴がクリーンな人だったケースですが、
仕事をしていればどこからでもすんなり審査が通りやすいと言えます。
安心して金融へ走りましょう(笑)
※あ、でも返済目処を考えて慎重にね!借入履歴に汚点がつかないように!

もしあなたがご自身で「滞りも無く、大した融資額でもないのに突然お金が借りられなくなった」と考える場合には、
総量規制(収入の3分の1以上の融資)を受けていると判断してください。
正直申し上げますと、この場合一般の消費者金融やクレジットカードのキャッシュ枠は使えないです。
なんせ法律で定められているので、どんな理由があれお金は借りれません。あきらめるか闇金しか道はございません。

延滞、滞納、債務整理をしている場合には論外です。
信用情報が汚れまくってる信用できない人には正規の業者は貸してくれません。
求められるのは、返済能力のある、返済意思のあるクリーンな人です。
一度でも汚点を残さないようにしましょう。

一般的に審査が通りやすいと言われている金融

金融は中小になればなるほど審査が通りやすいと言われています。

下記は破産をした人でも審査が通る可能性があるかも…と噂が絶えない金融ですが、
私が考えるに、そんな審査が通りやすい金融は存在しないと思っています。

なので、少し延滞したことがあるが、しっかり返済はしている等の方は下記から中小の金融機関を探してみてね!
※申し込みして断られた場合、違う金融への申し込みは半年は控えてくださいね。
短期間での申し込み、審査落ちは申し込みブラックと判断されます。

金融庁の所管金融機関の状況と言うページに掲載されている、免許・許可・登録等を受けている業者一覧の中にうなるほど金融が掲載されています。
気になる業者を発見したら、審査が通りやすいかどうか、ネット上でお調べ下さい。

http://www.fsa.go.jp/menkyo/menkyo.html
上記は金融庁のページです。
この中に掲載のある「金融会社」の項目の貸金業者(財務局長登録)のデータをDLし、お探し下さい。


借り入れ目的や金額をどう考慮するのか?

ここでは履歴がクリーンな人を対処に記事を書いていきたいと思います。

借り入れ目的がしっかりし、ある程度まとまった金額が必要な場合には、ローンを組みましょう。

ローンは借り入れ目的や金額がハッキリしている場合にとても有効で、確か総量規制にもひっかかりません。

ローンの借り入れ目的とは「車を購入する」「引越し資金」など明確なものです。
それなりに資料の提出が必要ですが、一度お考え下さい。

ローン以外でも、旅費など娯楽に使うというよりも、具体的な生活費(例えば何かを購入せねばいけないなど)を提示した方が良いです。
ローン以外では大きな額を借りる事はおすすめできません。ローンと比較して金利も高くなりますので。

そんなわけで、今日のテーマ、
どの金融会社が審査が通りやすいのか?借り入れ目的や金額をどう考慮するのか?
をしっかり考慮して融資を受けましょう!

[PR]
今月の支払いどうしよう・・

借入利率調査

自分の借りているとこの利率が全部言えない人へ

このページは主に借金が何件かあるのに把握していない人に向けて書いたものです。

何件かから借入している人が、まずすべき事は自分が何件から借りているのか、

どんな利率で借入しているのかをはっきりと把握する事です。

多くの貸し手は借入利率について顧客に気づいて欲しくないので、

貸し出し利率については目立たないように書類に書いています。

特にカード会社でのキャッシングでは、契約時に一度利率を見るだけで、

その後は引き落し口座から引き落とされていくのみです。

これでは借り手は利息に気づきません。

契約時の利息を忘れてしまった人は、電話するなり、ネットで調べるなりして

借り手自身が行動して把握するしかないんです。

自分が使っているカードの利率がわからなければ

カードの裏にある電話番号に電話してみましょう。

たいていは機械音声のガイダンスなので、係員につないでもらい

「利率を教えて下さい」というとすぐ答えてくれると思います。

特にリボ払いでは小額の返済で済んでしまうタメ、

自分の借金がいくらあるのかすら把握していない人が存在するのです。

もしあなたがそうなら、それは危険です。まんまと高い利率を知らないウチに

引き落としされているかもしれません。暇を見つけて電話して聞いてみましょう。

その利息は知らないウチに借り手を圧迫していきます。

今のクレジットカード会社の収益は年会費収入なんかじゃなく、

こういった利息収入が柱になってきています。

そんなところに利益を流してやる義理はありません。

借金に免疫のない借りはじめの人は、このサイトをよく読んで下さい。

利息の無駄さを認識していただけると思います。

また、借金は増える前の段階であればあるほど解決が易いです。

怖がらせるつもりはありませんが、今現在は小額の借金の人も

危機意識を持つタメに自分の借金を把握する表を作ってみられた方がいいと思います。

審査甘い消費者金融

消費者金融審査甘いブラック可

金融ブラックリスト融資NAVI

人気サイトランキング
はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加 My Yahoo!に追加 Googleに追加 goo RSSリーダーに追加 Bloglinesに追加 Technoratiに追加 newsgatorに追加 feedpathに追加

借金の順番

利息を1円、1%でも下げるには

お金を借りる事のできる金融機関を、利息の安い順に並べると以下の順になります。

  1. 銀行、信金、労金・・・・・・・・・・・・・・・金利   ~7%       
  2. カード、クレジット系・・・・・・・・・・・・・金利8%~18%
  3. 消費者金融・商工ローン系・・・金利~18% or ~29.2%(2009年年末までの経過処置)

金利と審査の難易度は反比例します。

上にいけば行くほど金利は安くなりますが、審査のハードルが高くなるという事です。

逆に下にいけばいく程、審査のハードルは低くなりますが、金利が高くなります。

この金利の差の棲み分けがされている理由は、対象とする顧客層の違いから来るものです。


銀行系は一番信用力のある、返済が確実な預金・不動産がある人に貸し、

カード・クレジット系は銀行での審査が落ちるが信用のある人に貸し、

消費者金融系は銀行系、カード系の審査が通らない人に貸します。


しかし、上にいく程審査に時間がかかる為、今日明日にお金がいる人は

利息よりも簡単な審査の方に惹かれてしまい、

安易に消費者金融から借りてしまう事が多々あります。(シロウもそうでした)

ここに消費者金融が大きくなった理由があると思います。

ご利用は計画的に・・・ですよね。

どの金融機関でも貸したお金が返ってこないのが一番怖いです。

低利で貸す金融機関ほど、貸し倒れを出す訳にはいかないので、慎重に審査をして

返済が堅い人だけに貸します。逆に、消費者金融系は低利息の機関が貸さない

貸し倒れリスクの高いお客を対象顧客層と見ています。


低利息の機関が貸さない相手の商売ですから、

貸し倒れのリスク(=お金が返ってこない率)を多くはらんでいる訳です。

お金を貸しても、返してもらえなければマル損です。

消費者金融系は高い利息をとっておかないと

貸し倒れになった時の衝撃に耐えられないのです。

金融機関の金利の棲み分けには法律の関係(後で述べます)と

貸し倒れのリスクに対しての保険料の意味があるのです。

今現在、借金のない方はこのような保険料を求められる筋合いはありません。

金策をする場合には、その信用力を活かして金利の安い機関から順番に金策をしましょう。

既に借りている人が1ランク上の金融機関で借りる事ができれば

利息を大幅に減らす事ができます。その分を元金に回す事ができるので

早い時点で借り換えをすればするほど、完済が近くなります。

借り換えが成功し借金の減りが早くなれば精神的にずっと楽になります。

シロウがそうでした。既に借りている人は借金地獄に落ちない為に

借金を減らしながら、まず金利の安い機関で借りる事を目標にするという

心構えを持って下さい。

豆知識;労金への借り換え審査の際には公共料金の支払い実績がチェックされます。

電気代、ガス代等を滞納しないで毎月引き落としてもらうと加点されます。

数ヶ月に1度、定期的に借り換えを検討してみると、

返済への気合が全然違ってくると思います。

審査甘い消費者金融

消費者金融審査甘いブラック可

金融ブラックリスト融資NAVI

人気サイトランキング
はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加 My Yahoo!に追加 Googleに追加 goo RSSリーダーに追加 Bloglinesに追加 Technoratiに追加 newsgatorに追加 feedpathに追加