お金etc

過払いブラックリストの早期是正を

 金融庁は払いすぎた利息の返還(過払い金返還)を貸金業者に求めた人を、信用情報機関が「返済能力に問題のある人」に分類(いわゆるブラックリスト)しないよう要請し始めた。現状では返済が一定期間滞る「延滞」「債務整理」などに分類されることがあり、住宅ローン、自動車クレジットなど新規の借り入れが難しくなる懸念が出ていた。信用情報機関の一つである全国信用情報センター連合会(消費者金融業者が構成員)では、既に9月から「債務整理」という分類から「契約見直し」に区分を変更している。その他の信用情報機関も同様の見直しが早く実現されることを望みたい。ただし、これは業者の約定では債務が残っているが、引き直しをすれば、過払いになっている場合の債務整理のことであり、引き直しても債務が残る場合には、今までどおりの「債務整理」区分として登録されることは言うまでもない。

 昨日、ブログで、ATM利用料のことを書いたが、自民党金融調査会は16日、料金を大幅に引き下げることを決めたようだ。出入金額が1万円超の場合は210円、1万円以下の場合には105円とする。昨日の段階では、「1万円未満」は105円であったが、「1万円以下」で105円になるもよう。1万円ごとに返済する人が多いことから、配慮されたかっこうだ。